【簡単】freeeから弥生にデータ移行する手順を画像付きで説明〈2021年1月更新〉

フリーランス生活

1年間記帳していた【freee/フリー】のデータを【やよいの青色申告オンライン】に移行しました

所要時間は10分

freeeからやよいへデータ移行する手順
  • freeeからデータをダウンロードする
  • 弥生会計にデータをインストールする
  • インポートできない科目・取引を手直しする

ちなみに今回移行した理由はこんな感じです。

freeeから弥生にデータ移行した理由
  • freeeの全機能を使いこなせていなくてもったいない
  • 費用を安くしたい
  • 弥生を使ってfreeeと比べてみたい
  • 弥生が1年間無料キャンペーン中だから

手順1:freeeからデータを落とす

ホーム画面から[レポート]→[仕訳帳]の順にクリックします。

エクスポートする場所

右上の[インポート・エクスポート]から[各社CSV・PDFエクスポート]をクリック。

  1. 弥生会計]を選択
  2. 引き継ぎたくないもののチェックを外します
  3. 出力開始]をクリック
インポートが終わったらメールでお知らせしますの画面

メールはすぐに届きました

届いたメールの画面です

ログインURLをクリックします。
※ログイン済の画面から[レポート]>[出力した帳票一覧]でもOK

ダウンロード画面です

ダウンロード]をクリックするとExcelファイルがダウンロードされます。

ファイルは開かなくてOK。ただのデータなので

手順2:データを弥生会計に移す

弥生のデータ移行画面です。

弥生にログインし左側メニューの[高度なメニュー]を開き[弥生データのインポート]を選択。

ファイルの選択]から先ほどダウンロードしたExcelファイルをアップします。

勘定科目の変換画面です。

勘定科目の変換画面に移ります。

freeeで使っていた科目名は[変換先の勘定科目]に変わります。
自分で設定した科目は[追加先の区分]を「経費」を選択します。

引継ぎができないもの
  • freeeと弥生で名称が異なる科目
  • 自分で設定した科目
元入金はインポートできないそうです

次に銀行間で移し替えたお金「元入金」がインポートできない取引として出てきました。

なるほど。一旦無視します。あとで元入金と期首残高を調整します。

よろしくおねがいします

引継ぎが完了した仕訳画面

あっという間にデータが反映されました。

※「この画面では編集・削除できません。仕訳の入力画面で修正してください。」
警告が出ているのは家事按分固定資産ですね。あとで調整しましょう。

freeeから弥生会計にデータ移行したが金額が違うときの対処方法〈2021年6月更新〉
金額を合わせるのに苦労し6時間格闘したときの備忘録です。超地道に解読した結果、わかったことを記録してお...

以上、freeeから弥生会計への移行手順でした。

おわり

勘定科目や家事按分を入力しなおす必要はあるものの割とスムーズにできました。

freeeから弥生へ移行すると年間4,136円の節約になります。

クラウド会計ソフト料金
freee税込12,936円(スタータープラン:1年分)
弥生会計税込8,800円(セルフプラン:1年分)

無料の1年間を利用してどちらを使うか比べてみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました